· 

変形性脊椎症としての側弯症

成人以降の側弯症で多いのが変形性脊椎症に伴う側弯症です。

側弯症は思春期の特発性側弯症が多いのですが、成人以降でも側弯症になることがあります。

それは変形性脊椎症に伴う側弯症です。

変性側弯症と呼ばれることもあります。

 

報告によると60歳以上で68%に認めるというものもあります。

なんと半数以上です。

もちろん程度の差はあると思いますが、腰痛に匹敵する国民的な問題と言えます。

 

変性するとは関節が機械的なストレスによって崩壊することを意味し、具体的には軟骨の崩壊、骨の変形を言います。

変性ですので年齢的には高齢になる程頻度は高く、骨棘という骨の荷重に対する対応でできる棘が特徴的に認められます。

また、荷重が強くかかっているところにはカルシウムの沈着も多く、レントゲン像では周りに比べ白さが目立ちます。

 

特発性の側弯症とは異なり、多くの原因は不良姿勢や偏った運動です。

習慣性の場合は、事故などの外傷とは違いストレス自体は小さいですが、繰り返されることで蓄積され結果として血流障害や器質的な変性を起こします。

ですのでご本人はあまり自覚がなく、痛みが出る頃には画像上で変性を認めることがほとんどです。

変性に伴って、重症な場合は辷り症が起こることもあります。

辷り症は多くは前方滑りですが、側弯症の場合は側方にも辷りが起こることがあります。

すると神経による痺れや痛みが出現することもあります。

 

変性側弯症の場合は、予防できるものですが、中々気づくことがない習慣性ですので、できたら中年に入った頃には一度姿勢や歩きなどの癖を専門家に見てもらうことをお勧めします。

側弯トレーニングセンターでは同じ施設で火曜日と木曜日に、一般の方を対象として姿勢・歩行改善のスタジオ「UPRIGHT」を行なっています。

側弯症はないけど、変性側弯症になりたくない方はこちらの受講をお勧めします。

http://studio-upright.com