側弯症とは

側弯症とは背骨がまがってしまう症状で、背骨のゆがみ(偏位 へんい)やねじれ(軸回旋 じくかいせん)に伴い背中が隆起したり、脊柱が弯曲する病気です。

側弯症とは(※出典:東洋大学 メディカルロボティクス研究室の発表スライド)側弯トレーニング - 日本人に合った新しい側弯症治療

側弯症とは(※出典:東洋大学 メディカルロボティクス研究室の発表スライド)

発症は学童期や思春期の時期で、小学校高学年から中学生までの子供たちに多いのですが、現状では小学校や中学校の健康診断で、側弯症の検査がきちんと行われてはいない模様。 

「側弯症」は、大きく「機能性側弯症」「構築性側弯症」の二つに分けられます。


▶︎【機能性側弯症】とは

機能性側弯症とは、普段の姿勢やスポーツなど今までの生活習慣によるものや、脚長差や股関節疾患などによる骨盤傾斜など、何らかの原因により一時的に生じた側弯の状態のことで、いわゆる二次的な側弯で、その原因を除くと変形は消失するものを言います。

 

正面のX線写真では、側弯変形がみられますが、椎体自体に回旋変形(ねじれ)や楔状変形(背骨がくさび形に変形する)はみられません。

ただし長期間この側弯変形が存在すると「構築性側弯症」に移行することもあります。


▶︎【構築性側弯症】とは

構築性側弯症とは、椎骨自体に回旋や楔状変形がみられ、椎骨の変形は側弯のある部位の頂椎(一番弯曲している部分)で最も大きく変形しています。

その中でも原因がはっきりしていない側弯症を「特発性側弯症」と呼びます。


▶︎【特発性側弯症】とは

側弯症を発症する原因はたくさんあると言われていますが、その多くは「特発性側弯症」で全ての側弯症の中でも80~90%は

この「特発性側弯症」と言われています。

 

その他の原因としては、生まれつきの「先天性」のものや、神経線維腫症やマルファン症候群など「症候性」のものがあります。

特発性側弯症は、最初に側弯が見つかった時期によって主に3つのグループに分けられます。

1. 乳幼児期特発性側弯症

  • 乳幼児期特発性側弯症は、3歳以下で発症したものをいいます。
  • 発症率は特発性側弯症全体の1%前後で、男子に多いと言われています。

2.学童期特発性側弯症

  • この学童期特発性側弯症は、4歳〜9歳で発症したものをいい、
  • 発症率は特発性側弯症全体の12〜21%で、女子に多いと言われています。

3.思春期特発性側弯症

  • この思春期特発性側弯症は9歳以上で発症したものをいい、
  • 思春期を中心に発症し、華奢(きゃしゃ)、背が高い、女児に多いなど
  • 体型的に似た特徴を持つことが多いと言われています。
思春期特発性側弯症の病像 (※出典:慶應義塾大学 理化学研究所 2011年10月24日 思春期特発性側弯症の原因を解明、治療への大きな一歩)側弯トレーニング - 日本人に合った新しい側弯症治療

思春期特発性側弯症の病像

(※出典:慶應義塾大学 理化学研究所 2011年10月24日 思春期特発性側弯症の原因を解明、治療への大きな一歩)

 

またこのタイプの側弯症の90%以上は、胸椎(背骨の肋骨がつく部分)では左側に側屈(右凸)し、腰椎(腰にあたる部分)は右側に側屈(左凸)がみられます。

 

4.成人側弯症

またこの3つのグループ以外にも、成人側弯症という、骨格の成熟や弯曲が固定した後に発症するものもあり、女性であれば閉経後、加齢によるものや、腰痛、すべり症、骨粗鬆症、脊椎不安定症などに伴って起こると言われています。


▶︎側弯症への運動療法専門家の立場として

運動療法の専門家により、このウェブサイトは運営しています。

 

診断は医師のみが行うものであり、側弯トレー二ングでの運動療法の分類化は医師の診断とは違い、運動療法の専門家は診断を行うものではありません。

運動療法の前に、ご自分の状態をしっかりと確認したい場合は、まず西洋医学の医師の受診をお勧めします。

 

側弯症に限らず、必ずしも医師や専門家が皆同じ見解にあるというものではありません。

ご自身の事に関しては、自己の判断で療法に関する選択をしてください。

当サイトでは、個人の価値観について言及する意図はありません。

 

ただ運動の専門家としては、運動療法の可能性を追求する使命感から、効果的なトレーニング法を探求しております。

そのスタンスで、側弯症に対する運動療法の専門家は、検査と評価から側弯症のタイプ分類を行います。

まだまだ確定的な方向性が見出せていない分野だからこそ、正しさを探し求める意義を感じています。側弯トレーニングの可能性を一緒に探っていただけたら幸いです。


▶︎側弯症で悩んでいる方のために、より正確な情報を!

痛みや生活習慣からくる二次的側弯から、特発性側弯症という原因不明の側弯まで、側弯症も幅が広いのですが、その分類法もいまだ正確には整理されていない状態です。

 

このウェブサイトは理学療法士の資格を有する専門家によりフラットな情報を集めました。

 保存療法である運動療法(側弯トレーニング)について広く、深く情報発信していきます。

  •  側弯症はどのような原因で起こるのか?
  •  側弯症にはどのような治療方法があるのか?
  •  側弯症における世界の動向はどうなのか?
  •  側弯症のエビデンスはどの程度あるのか?
  •  側弯症における運動療法の意義は?
  •  側弯症についてどこで相談に乗ってもらえるのか?

以上を含め、少しでも側弯症に悩まれているあなた自身の助けになりますように。

 

側弯症に関する側弯トレーニング公式ブログはこちら