側弯症とは

側弯症とは背骨がまがってしまう症状で、背骨の

ゆがみ(偏位 へんい)やねじれ(軸回旋 じくかいせん)に伴い

背中が隆起したり、脊柱が弯曲する病気です。

側弯症とは(※出典:東洋大学 メディカルロボティクス研究室の発表スライド)側弯トレーニング - 日本人に合った新しい側弯症治療

側弯症とは(※出典:東洋大学 メディカルロボティクス研究室の発表スライド)

発症は学童期や思春期の時期で、小学校高学年から中学生までの子供たちに多いのですが、

 

現状では小学校や中学校の健康診断で、側弯症の検査がきちんと行われてはいない模様。

 

 広い意味で「側弯」は、「機能性側弯症」「構築性側弯症」に分けられます。


▶︎【機能性側弯症】とは

機能性側弯症とは、普段の姿勢やスポーツなど今までの生活習慣によるものや、


脚長差や股関節疾患などによる骨盤傾斜など、


何らかの原因により一時的に生じた側弯の状態のことで、


いわゆる二次的な側弯で、その原因を除くと変形は消失するものを言います。


正面のX線写真では、側弯変形がみられますが、

椎体自体に回旋変形(ねじれ)や楔状変形(背骨がくさび形に変形する)はみられません。


ただし長期間この側弯変形が存在すると「構築性側弯症」に移行することもあります。


▶︎【構築性側弯症】とは

構築性側弯症とは、椎骨自体に回旋や楔状変形がみられ、


椎骨の変形は側弯のある部位の頂椎(一番弯曲している部分)で


最も大きく変形しています。


その中でも原因がはっきりしていない側弯症を「特発性側弯症」と呼びます。


▶︎【特発性側弯症】とは

側弯症を発症する原因はたくさんあると言われていますが、

その多くは「特発性側弯症」で全ての側弯症の中でも80~90%は

この「特発性側弯症」と言われています。


その他の原因としては、生まれつきの「先天性」のものや、


神経線維腫症やマルファン症候群など「症候性」のものがあります。


特発性側弯症は、最初に側弯が見つかった時期によって


主に3つのグループに分けられます。

1. 乳幼児期特発性側弯症

乳幼児期特発性側弯症は、3歳以下で発症したものをいいます。

 

発症率は特発性側弯症全体の1%前後で、男子に多いと言われています。

2.学童期特発性側弯症

この学童期特発性側弯症は、4歳〜9歳で発症したものをいい、


発症率は特発性側弯症全体の12〜21%で、女子に多いと言われています。

3.思春期特発性側弯症

この思春期特発性側弯症は9歳以上で発症したものをいい、

 

思春期を中心に発症し、華奢(きゃしゃ)、背が高い、女児に多いなど

 

体型的に似た特徴を持つことが多いと言われています。

思春期特発性側弯症の病像 (※出典:慶應義塾大学 理化学研究所 2011年10月24日 思春期特発性側弯症の原因を解明、治療への大きな一歩)側弯トレーニング - 日本人に合った新しい側弯症治療

思春期特発性側弯症の病像

(※出典:慶應義塾大学 理化学研究所 2011年10月24日 思春期特発性側弯症の原因を解明、治療への大きな一歩)

 

またこのタイプの側弯症の90%以上は、胸椎(背骨の肋骨がつく部分)では

 

左側に側屈(右凸)し、腰椎(腰にあたる部分)は右側に側屈(左凸)がみられます。


4.成人側弯症

またこの3つのグループ以外にも、成人側弯症という、


骨格の成熟や弯曲が固定した後に発症するものもあり、女性であれば閉経後、


加齢によるものや、腰痛、すべり症、骨粗鬆症、脊椎不安定症などに伴って


起こると言われています。


2011年の研究で特発性側弯症に関連性のあるDNAが特定されました。

慶應義塾大学 独立行政法人理化学研究所

疾患感受性遺伝子ーLBX1