· 

ゆらぎ

ゆらぎはバランスが取れている証拠です。

ゆらぎは1/fが有名ですね。

地球上の自然界すべてのものにはゆらぎがあるというもので、風が心地よいのは1/fのゆらぎがあるからだと。

扇風機などにもゆらぎを起こす機能が搭載されていますね。

 

自然界ということは私たちの体にもゆらぎがあるということです。

心拍や呼吸、脳脊髄液ももちろんですが、脊柱や関節にも存在します。

 

関節はニュートラルにあるとゆらぎが起こります。

逆に、ニュートラルにないと靭帯や筋肉が固めてしまいゆらぎは起こりません。

 

椅子の背もたれに寄りかかったり、ソファーで深く腰掛けたりは問題です。

壁に寄りかかるのも、横座りで靭帯に寄りかかるのもです。

 

ニュートラルにあるためには体を真っ直ぐに積み上げる必要があります。

またある特定の姿勢を取り続けないことです。

寝返りが無意識に2時間ごとに行われているように、いつかないことが重要です。

 

日常生活の中で、特定の姿勢を取り続けているのならば、見直す必要があります。

ゆらぎを感じられる姿勢を心がけましょう。

当センターでは、関節のニュートラルを実際にトレーナーが探してお伝えします。

特に股関節と頭が大切です。

その上で体を伸ばして真ん中を探して行きます。

 

ゆらぎというキーワードで姿勢を見直してみて下さい。