· 

重力に負けない

そこが一番大切です。

脊柱の変形のみならず多くの整形疾患の原因は重力に適切に抗することができないことから起きています。

私たちの体には常に、日々重力という力がかかっています。

この重力に対して直立二足歩行という方策で対応してきたのがヒトです。

 

対応してきたのですから、普段気にしないくらい当然になっています。

ですから重力という力に気付くまでにニュートンの誕生と閃きを待ったくらいです。

 

この重力は上から下に向かってかかってきます。

体としては逆方向の下から上に向かって伸びる力で抵抗しています。

この力を出しているのは抗重力筋という筋肉達です。

脊柱において特に重要なのは「腸腰筋」「多裂筋」です。

 

この筋肉を鍛えるには体をより潰すような負荷を敢えて加えることです。

1Gが体重ですから重りを持つことが手っ取り早いですね。

買い物の荷物を持っている時の感覚です。

ただ手で持ちますから、腕が疲れてしまいます。

 

ピラティスというエクササイズメソッドは、様々な機器を使ってこの重力負荷の増強を行ってくれます。

使うのはスプリングやゴムなどです。

側弯とレーニングでも、この重力に勝つ筋力増強は必須です。

そして当センターではピラティスの機器が揃っていますので効率的に鍛えることができます。

もちろん自宅でのエクササイズも指導します。

 

とにかく重力に勝つ!、これが大切なのです。