書籍紹介

書籍紹介 · 30日 5月 2018
こちらは整体師さんの書かれた本で、おそらく一番側弯症に関しては読まれているのではないでしょうか。 題名が衝撃的です。 医学では基本的に「側弯症=治らない」が常識ですからそこに「治す」と言い切ってしまう。 医療者ではない整体師さんらしい表現と感覚だなと思います。...
書籍紹介 · 30日 5月 2018
医薬ジャーナル社から出ているもので日本側弯症学会の編集のものです。 側弯症学会は50年以上の歴史のある学会です。 側弯症のことならこの本以外にしっかりとまとまっているものはないと思います。 ただ、やはり専門家向けですので一般の方には難しいかもしれません。 論文を読みなれていないと読みづらく感じるでしょう。...

書籍紹介 · 30日 5月 2018
私(中村)が監修したドイツのシュロス法という運動療法の書籍です。 自分で関わっておいてなんですが正直難しいです。 やはり専門書ですので一般の方、側弯症の当事者の方々には言葉など聞きなれないものが多すぎるかもしれません。 柔整やPTなどの専門家向けでしょう。...