· 

術後の側弯トレーニング

術後の生活指導、運動指導も行います

先日2年前に側弯症の一般講座とその後に一度プライベートレッスンを受講された方がいらっしゃいました。

 

約20年前に側弯症に対する固定術を受けられた方です。

術後医師から何をしてもいい、アメフトでも大丈夫と言われ水泳やヨガ、バレエと様々な運動されてきました。

結果、固定していない部分のすべり症を発症し、痛みのために引込みがちになり、痛みの改善の為にジムで運動をするがさらに痛くなるという袋小路にはまっていたそうです。

 

その時にパーソナルトレーナさんに出会い、その方の助言で私どもの講座とレッスンを受講されたという経緯です。

 

今回2年ぶりにいらしたのは、受講後習ったことを気をつけて生活や運動をしたところどんどん体が楽になり、痛みも減り前向きになったことを報告したいということでした。

また、歩行などを観察し、修正点をピックアップし修正しました。

 

私達のところは良くなれば通わない方も多いので、2年前に1度のみでしたので、経過は気になっていましたが良くなっているだろうと思っていました。

今回、いらして頂いて直接お話を聞けてとても嬉しかったです。

 

術後にして良いこと、しないほうが良いことを明確にして、自分の体の特徴を踏まえた上で体と付き合って行けば、不要な痛みは要りません。

また、術後何をしても良いわけではありません。

 

脊椎動物として背骨を固定するということは、普通な状態ではないのです。

医師はまっすぐになったことで良くなったと考えてしまったのでしょう。

動きのことは考えずに。

 

術後の障害では、今回の方のようにすべり症、また圧迫骨折が起こる可能性があります。

側弯症学会でも術後の後遺症への対応策がトピックの一つです。

医師によってはすべり症が起きないように、頭から骨盤まで全て固定してしまえば良いという考えの方もいます。

運動は考慮されていません。

 

私達側弯トレーナーは運動のプロです。

脊柱を固定することの重大さについて一番意識が高い専門家です。

 

生命に関する胸郭不全症候群に関して手術をすることは必要です。

ただ、手術の決定には最新の注意と考察が必要です。

取り返しが付かないからです。

 

今回の方のように、手術後のフォローがなく、医師の助言を鵜呑みにしてい後遺症を発症してしまう方もいます。

側弯トレーニングセンターでは、保存的なトレーニングだでけなく、術後の運動指導も行います。

継続するかどうかはさておき、アセスメントを通して自分にとって何をしないほうが良いのか、どのような運動が必要なのかを知っておくことは重要です。

 

側弯トレーニングセンターでは、術後の方のフォローも行っていますので、お気軽にご相談下さい。

 

※急性期に関しては病院にて対応してもらって下さい。当店はあくまで運動指導のセンターですので、手術そのものへの対応はできません。