アプローチ

アプローチ · 08日 6月 2018
写真はnanoミストサウナに15分間入る前と後の柔軟性の違いのスライドです。 サウナは椅子に座っているのでストレッチなどは何もしていません。 運動もできませんのでどちらかというとじっとしてるだけです。 にも関わらず柔軟性が上がります。 驚きですね。 体を温めると筋肉が緩んで柔軟性が増します。 ストレッチしなくても温めれば柔らかくなるのです。...

アプローチ · 08日 6月 2018
何の機器かと言うとこれ逆立ちする機器なのです。 角度はもちろん90度の真っ逆さまもできますし、ベルトで角度制限をつけることもできます。 ぶら下がり機器もあるのですが、首の牽引の為にはやはり足で支えての逆立ちが一番なのです。 これとっても気持ちいいです。 内臓もグッと上がってきます。 普段下がっているんだなということがよく分かります。...

アプローチ · 09日 5月 2018
脊柱の変形のみならず多くの整形疾患の原因は重力に適切に抗することができないことから起きています。 私たちの体には常に、日々重力という力がかかっています。 この重力に対して直立二足歩行という方策で対応してきたのがヒトです。 対応してきたのですから、普段気にしないくらい当然になっています。...

アプローチ · 02日 5月 2018
元々は人の名前です。 ドイツ人のジョゼフピラティス氏が日本で言うところの養生訓のような形でまとめた健康法がピラティスです。 現在では名前が一般名詞になりエクササイズとして全世界に広まっています。 特徴はスプリングなどを用いた専門の機器を使うところ。...

アプローチ · 01日 5月 2018
歩くことは私たちヒトの基本的な運動です。 鳥は飛びますし、魚は泳ぎます。 そしてひとは歩くのです。 歩きにはその人の歪みや特徴が如実に現れます。 痛みがあれば歩きを見ただけでわかりますし、心の状態も歩きをみればだいたい想像つきます。 胸を張って悲しい人はいないでしょう。 逆に下を向いて猫背な嬉しい人もいないでしょう。...

アプローチ · 30日 4月 2018
装具療法はCobb角で35度で開始します 手術は40〜45度が目安になります。 では側弯トレーニングは何度から始めたほうがいいのでしょうか? 「角度が気になった時にできるだけ早く」が私たちの意見です。 特にこの角度になったらというのはありません。...
アプローチ · 28日 4月 2018
治療法と言われているのもには大きく2種類あります。 1つはpassiveなもの もう1つはactiveなものです。 passiveの代名詞は手術です。 これは自分でできないから他人にお願いしているわけです。 activeの代名詞は運動療法です。 動くのは自分だからです。 側弯症の治療にもこの2つがあります。...
アプローチ · 27日 4月 2018
私たち運動療法を指導する立場として手術をどう捉えているかをお伝えしたいと思います。 当然ですが、手術が必要な方には必要です。 直接骨を操作するわけですから当然矯正の効果はあります。 絶対的に必要な方は胸郭不全症候群(Cobb角80〜100度)になる確率が高い方でしょう。 生命予後に関係するものですから当然です。...
アプローチ · 25日 4月 2018
側弯症の方の特徴として胸椎のフラット化があります。 本来横から脊柱を観察するといわゆるS字カーブが存在します。 医学的には生理的湾曲と言います。 頚部と腰部は前弯、そして胸部は後弯です。 この胸部の後弯がなくなるのが側弯症の特徴です。 側弯症の主な脊椎の偏位は名前にもなっている様に横方向(側屈)です。...
アプローチ · 21日 4月 2018
基本的に側弯症そのものでは症状は出ません。 審美的なものはありますが、生命予後にも多くは影響しません。 では何が問題になるのでしょうか。 まずは胸郭不全症候群という強度の変形による心肺機能の低下です。 これはCobb角で80〜100度というかなりの強度になります。 そして生命予後にも影響がれると言われています。...

さらに表示する